1. TOP
  2. 革の豆知識
  3. 【革の豆知識】意外と知られていない「ヌメ革とは?」というお話。

【革の豆知識】意外と知られていない「ヌメ革とは?」というお話。

【革の豆知識】意外と知られていない「ヌメ革とは?」というお話。

今日は、意外と知られていない「ヌメ革とは?」というお話です。

ヌメ革とは、本来は植物の渋に含まれるタンニンで鞣し(なめし)を施した、染料や顔料による加工がなされていない革のことをいいます。

染料による加工は繊維の内部まで染めていく加工で、一般的にエイジングをする革に仕上がります。顔料による加工というのは、表面にコーティングをするイメージで、こちらはエイジングをしない革に仕上がります。

但し、最近では広くタンニン鞣しで作られた牛革全般を指してヌメ革ということも多いので、本来のヌメ革のことを「白ヌメ革」と言って区別することもあります。

ヌメ革は表情の変化・反応が顕著で育てがいがあり、共に過ごした歴史を味わえるのが醍醐味です。

ヌメ革はもっとも革らしい革といってもよく、レザーの経年変化(エイジング)を一番楽しめる革と言えるでしょう。私を含め、革フェチさんに非常に人気の革となります。^^