1. TOP
  2. 革の豆知識
  3. 【革の豆知識】天然のシワ・キズ・トラ・『革の証』のお話し。

【革の豆知識】天然のシワ・キズ・トラ・『革の証』のお話し。

ALBERO(アルベロ)のOLD MADRAS(オールドマドラス)シリーズのトラ(シワ)模様。

ALBERO(アルベロ)オールドマドラスシリーズの美しいトラ(シワ)模様。

牛や馬も蚊に刺されれば、痒くて地面や壁に体をこすりつけたり、仲間に掻いてもらったりすると言います。馬は活発なため、放牧中に傷を創ることも多々あると言います。

動物も人間と同じように、首の周りなどの可動部には深いシワ(トラと言います)が出来ます。また、お腹の皮は肩の皮よりも柔かくシボも多くなります。

革は自然界の動物による天然の素材なので、当然、上述のようにその動物が元々持っていた皮膚の傷痕やシワ、皮革の下に血管が通っていた痕、かき傷や斑点などが普通に存在します。

ALBERO(アルベロ)のOLD MADRAS(オールドマドラス)シリーズのトラ(シワ)模様。

ALBERO(アルベロ)のOLD MADRAS(オールドマドラス)シリーズのトラ(シワ)模様。

自然の恵みがもたらす、唯一無二の表情。

これらはいわば『天然の革である証明』

傷やシワは、上から顔料などで厚くコーティングやペイントをしてしまえば目立たなくできますが、すると今度はせっかくの革の風合いや味わいは少なからず損なわれてしまいます。革素材の良さを存分に愉しめるかは、上記の革特有の性質を理解し、それらに愛着を持って、味わえるかという点も大切になってきます。

逆に言えば、これらの点が気になる、我慢できない、という場合は革製品を持たないというのも一つの選択肢でしょう。あるいは、表面が均一で綺麗に仕上げられた顔料の革なども、良い選択と思います。