1. TOP
  2. 未分類
  3. 【革の豆知識】皮と革の違いは?同じ「かわ」でも全く別物!知っておきたい皮と革。

【革の豆知識】皮と革の違いは?同じ「かわ」でも全く別物!知っておきたい皮と革。

【革の豆知識】革の種類にはどんなものがあるの?

皮(かわ)と革(かわ)。

よく友人や知人に「皮の財布欲しいけどどんなのがいいか迷ってるんだよね。」などと相談されるのですが、

真っ先に気になるのが「皮の財布」という表現。

ムキになって指摘したりはしませんが(笑)、まだまだ皮と革の違いって知られていないんだなぁと実感します。

皮と革の違いは、鞣す(なめす)前か後か。

動物から皮をとっても、そのままの状態ではバッグや財布には使用できません。そのため、毛を除去したり、脂肪分を抜いたりし、長期間腐敗しないように強度と柔らかさを持たせる工程が必要です。

この工程を鞣し(なめし)と言います。

そして、この鞣しを行う前の「かわ」を「皮」と言います。※英語のhide(ハイド)やskin(スキン)に該当します。

そして、鞣した後の「かわ」を「革」と言います。※英語のleather(レザー)に該当します。

皮の財布?革の財布?

つまり、冒頭の友人の例えで言うと、「皮の財布」は「革の財布」が正解ということになります。

もしあなたの友人や知人が、「皮の財布っていいよね~」「皮製品が大好き!」などとおっしゃっていたら、

「ちなみにね…」などと、さらっと教えてあげると喜ばれるかもしれません。笑